HOME > 一般社団法人 ハイブリッドメーソンリー工業会とは

一般社団法人 ハイブリッドメーソンリー工業会とは

メーソンリーによる構工法は、世界で最も普及している伝統的耐火建築構工法です。メーソンリーの最大の特徴は他の構工法では実現できない高耐久・長寿命にあり、築後数百年を経た建築物は世界のありとあらゆる場所に無数に存在いたします。しかし、わが国においては、明治から大正時代に建築された煉瓦や石を用いた建築物が若干残っている程度で、ほぼ無きに等しいのが実情であります。

そんな中で、旧建設省建築研究所が中心となって研究開発され平成15年告示化された鉄筋コンクリート組積造(RM造)は、メーソンリーと鉄筋コンクリートの要素技術を結合したハイブリッド型の画期的な構工法で様々な用途に使用できる技術であります。鉄筋コンクリート造と同程度の耐震性を確保した壁式構造の耐力壁、壁梁及び基礎梁を始めとし、既存建築物の耐震壁の増設や擁壁など様々な用途に使用できます。

しかし、この鉄筋コンクリート組積造には、まだ設計・施工方法や材料における改良工夫や研究開発の余地が多く残されており、関係者の継続的な協力および連携が必要とされております。

また、鉄筋格子・トラス筋・高性能グラウトなどの使用やPCa部材との組み合わせにより、より進化したメーソンリー構工法の開発も可能と考えられ、良質なメーソンリー建築物を実現するための品質管理体制の確立や、優れたメーソンリー技能工の育成及び全国をカバーする施工ネットワークの構築など、多くの課題も急いで解決されなければなりません。

わが国は急激な少子高齢社会を迎えた中で、低炭素社会の実現に向け、持続可能な安心・安全な生活空間の確保が急がれる中、耐震・耐火はもとより、高気密、高断熱、高遮音、長寿命で、経済性やデザインの多様性などにおいても優れた住宅の提供は、「多くの国民が豊かさを実感でき、国内消費に立脚した経済社会の実現」に必要不可欠であります。

一般社団法人ハイブリッド メーソンリー工業会は、こうした社会的な要請に唯一応えることのできる構工法が鉄筋コンクリート組積造(RM造)であると確信しており、メーソンリーの健全な普及ならびに更なる研究開発の推進を目指して、素晴らしい未来造りに貢献します。

平成21年7月吉日
設立発起人代表 
太陽エコブロックス株式会社
代表取締役社長 石井克侑

一般社団法人ハイブリッド メーソンリー工業会 会員一覧

ページトップへ